フィンランドの旅、オーロラを探しに北極圏へ!

オーロラを見にフィンランドに行ってきました。
ヘルシンキで乗り換えて、北極圏のキッティラから、レヴィというスキーリゾートの街へ向かいます。
初日の夜は自力でオーロラハント。
綺麗な星空には出会えましたが、オーロラには出会えず…。
2日目はこの旅で一番楽しみにしていたガラスイグルーに泊まります!
ガラスイグルーとは、屋根がガラスでできているコテージで、ベッドに寝転がりながらオーロラ鑑賞ができるという素晴らしい施設です。
この日は、日が暮れるまでは青空が広がっていたので期待を膨らませていましたが、夜になって雲が出てしまい、またしても見られず…。
3日目は少し南下してロバニエミという街を訪れました。
最後のチャンスのこの日は、オーロラツアーに参加します!
小屋の中で暖まりながらオーロラの出現を待ち、オーロラが出るとガイドさんが呼びにきてくれるという至れり尽くせりツアー。
最初からこれに参加すればよかった…。
やっぱりガイドさんという存在はありがたいです。
あそこに出てるよと教えてもらった先には、モヤモヤとした雲のようなものが。
弱いオーロラは白いモヤのようだという話は聞くには聞いてはいたけれど、自力ではあれがオーロラだと気づけたかどうか。
カメラを通すと確かに緑に光るオーロラでした。
もっと、空一面光のカーテン!みたいなものを期待していたので、ちょっと残念ではあったけれど、全く見られないこともあるとのことなので、少し見られただけでも良かったと思うことにします。
帰国してから知ったことによると、この時はちょうど太陽の活動が弱い時期だったらしく、オーロラが見えにくいタイミングだったそうです。
もうこれはリベンジするしかありません!
太陽の活動を調べてから!
ちなみに昼間は犬ぞり体験などのアクティビティに参加しました。
一生懸命ソリを引く犬はとっても可愛かったです!
外貨両替

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*